うつ病ってどんな病気?

うつ病は「心の風邪」などという言われ方をしますが、風邪のように簡単に治るような病ではなく、何年・何十年と闘病生活を送る人も少なくない心の病です。
症状としては、著しい気力の低下から、食事をしたりトイレに行ったりすることさえ億劫になり、寝たきり状態になることも少なくありません。
また、生きている気力さえ失う人も多く、何もできない自分を蔑む気持ちから自殺願望が強くなったりする傾向が強い病気です。
実は、うつ病は「心の病」と言われながらも、本当は脳内物質の不足や、脳内物質の伝達機能がうまく働かないことが一因となって起こる病です。
ですから、自殺願望などないのに、突発的に電車や車の前に飛び込んでしまうというような自殺もあるのが恐ろしいところです。
うつ病では脳内物質を補うような薬を処方したり、カウンセリングを行うことが主な治療となっています。
うつ病の原因は辛い状況が続いたことばかりではなく、場合によっては進学や昇進・結婚といった、本人にとって嬉しい状況が原因で起きることもあります。
そのような場合には、本人の喜びの感情が強いためになかなかうつ病であることに本人自身も気がつかないことも多いです。
それに、何となく気がついても気づかない振りをしたり、気のせいだと無理やり思い込もうとしたりすることもあるでしょう。
精神科に通うことを嫌悪してなかなか通院せず、症状が悪化してしまうケースも少なくないので注意が必要です。

お役立ちリンク、関連リンク

借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。

お役立ちサイト・関連サイトの紹介

借金返済の電話相談
借金が返せずに弱っている人、一人で悩んでないで、今すぐ電話で無料相談してはいかがでしょうか?司法書士・弁護士に、借金を返済する手助けをしてもらいましょう。